株式会社トラックリンク 株式会社トラックリンク 買取サイト 無料査定 販売サイト 在庫一覧
<<HOME
■トラック買取■バス買取■建設機械買取■買取手順(取引の流れ)■はたらくくるまのいま■FAQ
■名義変更抹消■自動車リサイクル法■会社情報■リンク■お問い合わせ■資料請求
バス買取

■トラック買取

中古トラック・大型トラック・中古ダンプ・中古トレーラー買い取ります。

詳細はこちら>>


■建設機械買取

中古ユンボ・油圧ショベル・ブルトーザー・ラフタークレーン買い取ります。

詳細はこちら>>

 

 


バス

 バスは大きさでは、大型・中型・小型バスと3種類に分けることができます。
大型バス(観光バス)は車両の長さが9m以上または乗客数50名以上のもの、小型バスは車両の長さが7m以下または乗客数29名以下のバスと分類されています。中型バスは、規定の境界線があいまいですが、大型バスと小型バスの規定の除いた部分をあてて考える場合とバスの全長7〜9mクラスまたは乗客数30〜49名程度のものを中型としているようです。

 バスは、細かい注文に応えなければならないため、受注生産が基本です。よって1台1台手作業で組み立てていく方式をとることにより、様々なニーズに対応した仕様に作り上げていき、ボディーはボディーメーカーによって製作されることもあります。さらに、シートの質・状態や配列、トイレの有無や種類によってはTVモニターや冷蔵庫など所有者は細部にわたり注文して完成されます。

 バスの用途別の種類は、路線バス・高速バス観光バス送迎バス・シャトルバスなどがあります。

 路線バスは乗合バスとも呼ばれています。一定の経路を定期的に運行します。その他に深夜に運行する深夜バス、自治体が運営するコミュニティバスもあります。
 路線バスは、楽に乗り降りできるための乗降性が重視されます。最近は低床車バスやノンステップバスなど特別仕様に床面地上高が低くされ、乗降しやすく改善されています。低床車とは、サスペンションの高さを低くすることによってフロアの高さを低くしたものです。ワンステップ低床車は第1ステップで乗車し、もう1段第2ステップを上がるとそこがフロアになっているタイプです。ノンステップバス(超低床)バスは、乗車したらそこがフロアになっていますが、後輪の近くでは2段上がって座席になっているものもあります。ステップの地上高は約300mmほどの低さになっています。車いす使用者のためにスロープやリフトをオプションで備えていて、乗車すると設置スペースがあり、シートをはね上げて車いすを固定することができるようになっています。(高速バス、観光バス、送迎バスについてはそれぞれ参照)

 路線バスのなかに連節バスも走っています。かつては一般道路では走行していませんでしたが、幕張本郷駅で1998年に登場以来乗客を増やしています。バスの全長は18mあり、定員も通常の2倍の人数です。長尺バス(12mを超える15mクラス)もあります。これは東京-つくば間で運行される「メガライナー」で、全長15mあります。

 また、低公害化をめざしてハイブリッド方式や天然ガス燃料(CNG)のバスを各メーカー独自の方式を開発し生産されていますし、アイドリングストップによる排出ガスを抑えるようにしています。

買取エリアは日本全国

買取に関するお問い合せをする

※各製品名などは、一般にそれぞれ該当する各社の商標、または登録商標です。


プライバシーポリシーについて→

Coopyright (C) 2003 Trucklink Co., Ltd. All Rights Reserved
トラックリンクの商標は株式会社トラックリンクが保有しております
お問い合わせはこちらまでお願い申し上げます。