株式会社トラックリンク 株式会社トラックリンク 買取サイト 無料査定 販売サイト 在庫一覧
<<HOME
■トラック買取■バス買取■建設機械買取■買取手順(取引の流れ)■はたらくくるまのいま■FAQ
■名義変更抹消■自動車リサイクル法■会社情報■リンク■お問い合わせ■資料請求
建設機械買取

■トラック買取

中古ユンボ・油圧ショベル・ブルトーザー・ラフタークレーン買い取ります。

詳細はこちら>>


■バス買取

中古バス・観光バス・高速バス・マイクロバス・大型バス買い取ります。

詳細はこちら>>

 

 

ホイールローダー

 ホイール式トラクターショベルともいいます。建設機械としての中型・大型のホイールローダーは、全輪駆動で強い駆動力を発揮でき、一般的にはアーティキュレート式になっているため小回りがききます。超小型のものはミニホイールローダーとよばれ、農作業や雪かきなどに使われています。
 アーティキュレート方式とは、車体の前後が別々の構造になっていて、ハンドルを切ると前タイヤが操舵されるのではなく、車体中央が折れ曲がることにより曲がることができる構造です。そのため内輪差がなくなり、小回りが利くこととハンドルを切ると油圧シリンダーの力で車体の前後をくの字に折ることにより、旋回させることができます。

 ホイールローダーは、土をすくい持ち上げてダンプトラックなどに積み込む作業をします。バケットを使って土をすくい上げて、必要な高さまで持ち上げてダンプトラックに積み込むあるいは排出します。
 作業時に使用するバケットには作業内容によって、いろいろな種類があり、アタッチメントを交換することで他の作業も可能になります。標準タイプとしては、横長のもので、土などをすくうための先端部分(カッティングエッジ)にはツメがついています。その他、石などの積み込みにはロックバケットが使用されます。これはバケットが原石の採掘や積み込みに耐えられるように強化され、ツメの部分もより強いものを装備しています。ツメ部分は交換可能になっています。スケルトンバケットは、網状になっていて大きな原石を救う作業に使われます。その他マルチパーパスバケット、ダンプバケット、フォーク、グラップルなどがあり、用途によって使い分けます。
 
 またアタッチメントには前方・後方あり後方にはリッパー(破砕に使用)やスカリファイアー(通常モーターグレーダーに装備)などがあります。
 建設機械以外の用途にも、アタッチメントの交換により使用可能です。スノープラウ・スノーショベルを装着することにより除雪作業に使われ、ロググラップルは、木材の運搬や積み込みに、またロードスィパーは、回転ブラシを備え路面を清掃するのに使われています。

 また、クローラー式のトラクターショベルはショベルローダーまたはクローラーローダと呼ばれています。

 

買取エリアは日本全国

買取に関するお問い合せをする

※各製品名などは、一般にそれぞれ該当する各社の商標、または登録商標です。


プライバシーポリシーについて→

Coopyright (C) 2003 Trucklink Co., Ltd. All Rights Reserved
トラックリンクの商標は株式会社トラックリンクが保有しております
お問い合わせはこちらまでお願い申し上げます。