株式会社トラックリンク 株式会社トラックリンク 買取サイト 無料査定 販売サイト 在庫一覧
<<HOME
■トラック買取■バス買取■建設機械買取■買取手順(取引の流れ)■はたらくくるまのいま■FAQ
■名義変更抹消■自動車リサイクル法■会社情報■リンク■お問い合わせ■資料請求
トラック買取

■バス買取

中古バス・観光バス・高速バス・マイクロバス・大型バス買い取ります。

詳細はこちら>>


■建設機械買取

中古ユンボ・油圧ショベル・ブルトーザー・ラフタークレーン買い取ります。

詳細はこちら>>

 


トラッククレーン

 トラッククレーンは、トラックシャシーにクレーンを載せてあるものの総称で、荷台のかわりにクレーンを架装した車輌のことです。キャブと荷台の間にクレーンを架装したクレーン付きトラックとは違い、クレーンのみを架装してあります。車輪またはクローラで移動できるクレーンを自走クレーンといいますが、クローラで移動できるものをクローラクレーン、タイヤで移動するものがトラッククレーンおよびホイールクレーンに分類されています。

 トラッククレーンは、下部走行体(キャリア、走行部分)に、上部旋回体(クレーン装置)を積んだもの。走行とクレーン操作のための運転室が別になっています。エンジン共有のものとそれぞれにエンジンを備えているものとがあります。大型のトラッククレーンの場合は、専用のクレーンキャリアが使用されることが多いようです。

 トラッククレーンには、油圧式と機械式があります。油圧式は伸縮式のブーム(ジブともいい、箱状で数段からなり、アーム内に順次収められている)やブームを起伏させる装置、巻き上げ装置、アウトリガーなどクレーン動作機構のほとんどまたは全部を油圧式機構で行います。機械式は、クレーン用のエンジンを別途備えている場合が多いです。

 ブーム(ジブ)は、上部旋回体の一端を支点としたいわゆる腕の部分で、伸縮ブーム(箱状で基本のものがあり2段目3段目と順次収められる)とラチスブーム(x型)に分けられます。
 
 トラッククレーンの巻き上げ装置は、油圧モーターを作動させて巻き上げ装置のドラムを回転させてワイヤーロープを巻き上げて、フックブロック(物を吊り上げる部分)を上昇させます。巻き上げドラムを逆転させると、フックが下降します。トラッククレーンの場合、通常巻き上げ装置は(巻き上げドラム)は2個設けられています。

 また作業中のトラッククレーンの車体を安定させるため、アウトリガーが車輌後方にH型またはX型が装備され油圧によって作動されます。キャブ直後に備えられているアウトリガー(H型)には吊り上げ時に過度に重量がかかることがあるため、車輌前部を安定させるのにフロントジャッキを装備したものもあります。フロントジャッキは油圧によって伸ばし使用されます。

 クレーンの安全装置は、警報や自動停止が行われる装置で、巻過防止装置(接触防止のために一定の間隔、巻き過ぎを警告)や過負荷防止装置(モーメントリミッターともいう。ジブを傾斜させていったとき、つり荷が定格荷重を超えようとした場合)などの装置が義務づけられています。
その他、ジブ起伏停止装置、(ワイヤーロープがフックから外れるのを防止する)外れ止め装置、作業領域制限装置などがあります。

 参考)
 タダノ トラッククレーン

 トラックリンク・アドバイス

上部下部に分かれているものは、検査付書類があるかどうかで買い取り価格に差が出る場合があります。

 

買取エリアは日本全国

買取に関するお問い合せをする

※各製品名などは、一般にそれぞれ該当する各社の商標、または登録商標です。

 


プライバシーポリシーについて→

Coopyright (C) 2003 Trucklink Co., Ltd. All Rights Reserved
トラックリンクの商標は株式会社トラックリンクが保有しております
お問い合わせはこちらまでお願い申し上げます。