株式会社トラックリンク 株式会社トラックリンク 買取サイト 無料査定 販売サイト 在庫一覧
<<HOME
■トラック買取■バス買取■建設機械買取■買取手順(取引の流れ)■はたらくくるまのいま■FAQ
■名義変更抹消■自動車リサイクル法■会社情報■リンク■お問い合わせ■資料請求
トラック買取

■バス買取

中古バス・観光バス・高速バス・マイクロバス・大型バス買い取ります。

詳細はこちら>>


■建設機械買取

中古ユンボ・油圧ショベル・ブルトーザー・ラフタークレーン買い取ります。

詳細はこちら>>

 


セミトレーラー

 トラクター&トレーラーは、トラクター(エンジンを搭載したキャブがある)がトレーラー(エンジンのない荷台付き車輌)をけん引して走行します。
 このうち、セミトレーラーは、荷台のないトラクター(シングルトラクターヘッド)で、トレーラーをけん引することだけを目的とした車輌のことです。このセミトラクターは、トレーラーの重量の一部を支えて走行します。トレーラーには2輪だけの車輌もあり、これはトレーラーに連結することで走行可能となり、切り離したときには補助脚がないと傾いてしまいます。けん引するトレーラーの前荷重がトラクターにかかるため、トラクターヘッドは後輪駆動になっています。

 トラクターヘッドとトレーラーは、それぞれの連結器によって連結されています。セミトラクターに取り付けられる連結装置はカプラーといい、トレーラーについている連結装置のキングピンとを連結させてトレーラーをけん引します。カプラーは専門メーカーの製造したものをシャシーに取り付けます。取付位置は、セミトラクターの後輪車軸の中心より少し前に、後輪が2軸の場合には2軸の中心よりも少し前になっています。キングピンは主にトレーラー前方の床下に溶接などで頑丈に取り付けられています。
 カプラーにかかる荷重を第5輪荷重といいます。カプラーはトレーラーの荷重を支えるため、この第5輪荷重はすなわち最大積載量を表し、「第5輪荷重○t」という表示のしかたもしています。車軸の中心からカプラー中心までのずれを第5輪(カプラー)オフセットといいます。第5輪荷重はカプラーのオフセットによって違ってきますが、トラクターやトレーラーに対しての荷重の配分のバランスが変化するためです。
 カプラーは、シャシーフレームよりも凸状態で装備されます。またカプラーそのものを上下に動かすことができるリフトカプラーやハイリフトカプラーといったリフト可能なカプラーもあります。これはダンプ排出などの用途に使われます。カプラーには、1軸式と2軸式があります。走行中の振動などを吸収するためカプラーも同様に運動しますが、1軸式カプラーはピッチング(前後首振り)運動のみで、主に高速用のセミトラクターに採用されています。2軸式カプラーは主に重量用トラクター・トレーラーで採用され、ピッチングだけでなくローリング(左右首振り)運動にも対応しています。

  参考

 ソーシン(カクワ)
 カプラー/ピントルフック/車軸

 横浜車輌
 カプラー(高速用/重量用)

 

買取エリアは日本全国

買取に関するお問い合せをする

※各製品名などは、一般にそれぞれ該当する各社の商標、または登録商標です。

 


プライバシーポリシーについて→

Coopyright (C) 2003 Trucklink Co., Ltd. All Rights Reserved
トラックリンクの商標は株式会社トラックリンクが保有しております
お問い合わせはこちらまでお願い申し上げます。