株式会社トラックリンク 株式会社トラックリンク 買取サイト 無料査定 販売サイト 在庫一覧
<<HOME
■トラック買取■バス買取■建設機械買取■買取手順(取引の流れ)■はたらくくるまのいま■FAQ
■名義変更抹消■自動車リサイクル法■会社情報■リンク■お問い合わせ■資料請求
トラック買取

■バス買取

中古バス・観光バス・高速バス・マイクロバス・大型バス買い取ります。

詳細はこちら>>


■建設機械買取

中古ユンボ・油圧ショベル・ブルトーザー・ラフタークレーン買い取ります。

詳細はこちら>>

 


トラクターヘッド(シングルトラクターヘッド)

 トラクター&トレーラーには、セミトレーラー式とフルトレーラー式があります。(このほかポールトレーラーもあります。)トラクター(エンジンを搭載したキャブがある)がトレーラー(荷台付き荷物などでトラクターにけん引される)をけん引します。
 セミトレーラーをけん引するのがセミトラクター、フルトレーラーをけん引するのはフルトラクターです。
このうちセミトレーラー方式は日本国内で最も普及している方式で、トラクターには荷台がなくけん引専用の車輌であるため、単体では荷物を運搬することができません。このトラクターをトラクターヘッドといいます。

 トラクター&トレーラーのトラクターヘッドは、トラックメーカーによって製造されているのがほとんどです。しかし、トラックのような荷台架装がなくホイールベースの短い車種を使用します。けん引する荷物はより最大積載量を超えない範囲で大量であることが望ましいため、大型クラスのものが採用されます。トラクターがけん引するトレーラーの前荷重がトラクターにかかるため、セミトラクターヘッドは駆動軸が後輪になります。(3軸の高速用は後輪軸の前部)

 シングルトラクターヘッドは、トレーラーを連結させてけん引するための連結装置カプラーを装備しています。カプラーは専門メーカーによって作られるトラクターにおける唯一の架装といえます。このカプラーがトレーラーに装備されているキングピンと連結してトレーラーをけん引します。カプラーは、セミトラクターの後輪車軸の中心より少し前に、後輪が2軸の場合には2軸の中心よりも少し前に取り付けられています。この取付位置は固定されていることで、トラクターやトレーラーに対しての荷重の配分もバランスがとれます。カプラーは単独では走行できないセミトレーラーの荷重を支えてけん引するため、その役割は重要です。カプラーにかかる荷重を第5輪荷重といいます。カプラーはトレーラーの荷重を支えるため、この第5輪荷重はすなわち最大積載量を表し、「第5輪荷重○t」という表示のしかたもしています。

 代表的なトラクター(セミトラクターヘッド)としては以下のような種類が挙げられます。

  • いすゞ/ギガ EXR(4×2)
  • 日産ディーゼル/ビッグサム CK-T系(4×2)
  • 日野/プロフィア SH(4×2)
  • 三菱ふそう/スーパーグレート FP(4×2)
  • メルセデスベンツ/アクトロス 4×2
  • 日本ボルボ/FH12(4×2) FM12(4×2)

 

買取エリアは日本全国

買取に関するお問い合せをする

※各製品名などは、一般にそれぞれ該当する各社の商標、または登録商標です。

 


プライバシーポリシーについて→

Coopyright (C) 2003 Trucklink Co., Ltd. All Rights Reserved
トラックリンクの商標は株式会社トラックリンクが保有しております
お問い合わせはこちらまでお願い申し上げます。