株式会社トラックリンク 株式会社トラックリンク 買取サイト 無料査定 販売サイト 在庫一覧
<<HOME
■トラック買取■バス買取■建設機械買取■買取手順(取引の流れ)■はたらくくるまのいま■FAQ
■名義変更抹消■自動車リサイクル法■会社情報■リンク■お問い合わせ■資料請求
トラック買取

■バス買取

中古バス・観光バス・高速バス・マイクロバス・大型バス買い取ります。

詳細はこちら>>


■建設機械買取

中古ユンボ・油圧ショベル・ブルトーザー・ラフタークレーン買い取ります。

詳細はこちら>>

 


中古ミキサー

 トラックミキサーともいい、生コンクリート(固まる前の状態)の運搬を目的にしているのでコンクリートミキサー車、生コン車ともよびます。ミキサー車はドラムを一定速度で回転させて、コンクリートが固まらないように混ぜながら、工場から現場まで運搬します。このときコンクリートは搭載から90分以内に使用するという時間規定があります。
 いろいろな現場で使用されますので、ミキサー車には小型中型から大型まで多様なタイプがあります。

 トラック在庫一覧へリンク

 トラックミキサーは3種類に分けられます。アジテーター(練り混ぜ作業はしない)、ウエット式ミキサー(材料をドラム内部で練り混ぜ生コンとして完成させる)、ドライ式ミキサー(装備されている給水装置を使い、現場にて生コンを作る)です。
 ドラムの形は「傾胴形」といわれる紡錘型に近い形状をしています。ドラムの内部にはブレードとよばれるらせん状の羽根のような鋼板が取り付けられ、この羽根の板によって内部の生コンクリートを練り混ぜます。ブレードは二重のスパイラル(らせん)構造になっており、生コンクリートはドラム内部全体をうまく順次移動できるようになっています。しかもドラム全体も回転するため、固まらないように工夫されています。
 ドラムの回転方式は、かつてはチェーンでドラムを回転させるチェーン駆動方式でしたが、現在は油圧駆動によるダイレクトドライブ方式になっています。
 生コンクリートは、現場で排出した後はすぐにドラム内を洗浄する必要があります。内部に付着したコンクリートが固まってとれなくなってしまうからです。さらに長く使用していると、きちんと洗浄しても少しずつコンクリートが着いてしまいます。定期的に付着したコンクリートを取り除く必要があります。

トラックリンク アドバイス
 
 小型(2tベース)中型(4tベース)大型(10t、12tベース)各クラス買取いたします。特に低年式の(登録より10年以上)の大型ミキサー車は、海外販売向けに人気があります。各メーカーとも高価買取いたします。

中古ミキサー

買取エリアは日本全国

買取に関するお問い合せをする

※各製品名などは、一般にそれぞれ該当する各社の商標、または登録商標です。

 


プライバシーポリシーについて→

Coopyright (C) 2003 Trucklink Co., Ltd. All Rights Reserved
トラックリンクの商標は株式会社トラックリンクが保有しております
お問い合わせはこちらまでお願い申し上げます。